代表者からのメッセージ

自宅にいる患者とご家族が
安心して生活できること。
その思いが四つ葉在宅クリニックの原点です。

四つ葉在宅クリニック 代表者 胡 暁華

代表からのメッセージ

在宅医療は、患者さん・地域・社会に貢献できる
やりがいある仕事と考えています。

在宅医療は、患者さん・地域・社会に貢献できるやりがいある仕事と考えています。

私たちは主に自宅療養する患者さんを対象とした在宅医療を行っています。単に病院の医療を自宅で行うだけでなく、患者さんとご家族がご自宅で自分らしく暮らすために最善な医療を目指しています。

在宅医療は、患者さん・地域・社会に貢献できる、やりがいがある仕事と考えています。

「安心して自宅で医療を受けたい」という患者さんとご家族の思いにできる限り応え、医療を通じて、高齢者から子供まで、地域のだれもが自宅で安心して暮らせるモデルを作りたいという強い想いが、四つ葉在宅クリニックの原点です。

患者中心の在宅医療を行っているのが当クリニックの特徴です。

病気にかかると、人は医療側に多くを委ねることになり、専門知識や医療経験の差によって、弱い立場に置かれます。また、患者とご家族は医療に対し、少しずつ違う思いや希望を持っている場合があります。そんな中で患者さんやご家族とじっくり向き合い、それぞれの考えや希望を共感できる医師が必要とされています。

喜ぶ時も、つらい時も常に真摯に患者さんの心に寄り添いながら、それぞれの価値観を大事にし、患者と医師の信頼関係を築くことが私たちの目標であり、医師としてのやりがい・喜びでもあります。

患者中心の在宅医療を行っているのが当クリニックの特徴です

24時間365日をグループ医療で支えます。

24時間365日をグループ医療で支えます。

在宅医療の制度が確立し、かなりの年数が経ちました。これからの超高齢化社会において、在宅医療は解決策として期待され、必要性も徐々に認識されてきました。しかし、現場の担い手となる在宅療養支援診療所は思うように増えていません。24時間365日、在宅患者のニーズに応える医療を提供し続けることは簡単ではないからです。

在宅患者を支える日々の診療は、よく急な対応を依頼されます。無理をすると、医療関係者が疲弊し、それで患者さんが不利益を被ったり、高い質の医療が維持できなくなったりします。また、人生の最期という辛い場面に出会い、他人の感情に影響されやすいときもあり、医療関係者自身の心が大きく揺れることがあります。一人でずっと頑張り続けることがなかなか難しいものです。

このような難所を克服するために、私たちが取り組んでいるのが「グループ診療」です。一人ではできないこともチームの力を合わせればできます。グループ内で時に助け合い、お互いに勉強し合うことで、個々の負担を減らし、医療関係者の心身を健康な状態に、クリニックの対応をより健全な状態に維持できるようにしています。医療者がより健康で楽しく仕事ができれば、患者さんにもより良い医療を提供できると考えています。

四つ葉在宅クリニックでは、医師同士が患者さんに関する情報や最新の医学知識を共有できる、コミュニケーションの場を持つことで、一人の医師としても、医療チームとしても成長できる仕組みを作っています。

いつでも、高いレベルの在宅医療を保証し、ご自宅にいる患者さんとご家族が安心して治療を受けられるように、そしてなにより、その在宅医療を継続できることを目指して、私たちは日々取り組んでいます。

私たちの価値観に共感していただける方と、ぜひ一緒に働きたいと思っています。