常勤医師の一日

朝のカンファレンスから帰宅までの一日の流れをご紹介いたします。

8:30朝のカンファレンス

朝はカンファレンスから始まります。前日夜の緊急往診について申し送りの後、当日診療予定の患者さんについて情報共有し、方針を一人ずつ確認します。患者の情報共有を綿密にし、必ず主治医と副主治医のどちらかが責任を持って対応できるようにしておきます。

8:45訪問の準備

訪問する前に、医師と診療サポートスタッフ達と、一日の診療ルート・必要物品について確認を行います。訪問スケジュールや物品などは、医療事務スタッフとドライバーがすべて整えてくれます。

9:00出発

訪問診療のバッグを持って、往診車に乗り込んで、出発します。ドライバーまたは診療サポートスタッフが運転し、1日8~10軒程度患者宅を訪問します。1軒あたりの診療時間は、患者さんの状況に合わせて、およそ20~30分程度です。

9:30~診察(問診~検査・処置~病状説明)

問診

問診

患者さんやご家族と最近の生活様子を聞きながら、問診を行います。何気ない会話の中から、療養の悩みや心配ごとを確認し、適切にアドバイスします。

検査・処置

検査・処置

毎日の診察では、バイタルの測定、身体診察、採血を行います。必要な時、超音波、心電図などの検査器具をクリニックから準備し、自宅で検査を行います。末梢点滴、中心静脈栄養、経管栄養、人工呼吸器管理、気管切開管理、創傷処置なども在宅で行います。

病状説明

病状説明

診療が終わった後、電子カルテで入力した診療情報を印刷し、処方箋と一緒に患者さんとご家族に手渡して、説明を行います。これは現場スタッフが訪問時に閲覧可能なため、患者さんに関わる医療・介護職との重要な情報共有ツールでもあります。

17:00帰院

定期訪問が終了し、クリニックに戻ります。帰院してから、連携先への報告やその他書類作成などの業務を行います。

17:15全体ミーティング

夕方、ソーシャルワーカーなどクリニックスタッフを含めた、院内全体ミーティングを行います。当日の新患や全体の動きを共有します。 各主治医から急変が予想される患者さんについては夜間待機医に情報共有します。申し送りだけでなく、困難な事例検討も行うため、クリニック内の情報共有・ディスカッションする場としても、大きな役割を持っています。

18:00帰宅

待機当番でなければ、完全なプライベート時間となります。担当患者は当番医師が対応しますので、電話・メールなど連絡は一切ありません。自分のためやご家族との大切な時間を確保しています。